富士市水戸島にある皮膚科、美容皮膚科

予約
instagram
医師紹介

いぼ

『いぼ』は、皮膚にある小さなできもの表す言葉で、正式な病名ではありません。これはいぼには様々なものがあります。
尋常性疣贅
ウイルス性のいぼで、人から人に感染します。お子さまの手足によくみられ、液体窒素療法を行います。大人にできる場合は難治になることが多いです。当院は基本的に液体窒素療法を行います。これに経過をみながらヨクイニン内服、オキサロール軟膏、スピール膏、手術療法を組み合わせていきます。
伝染性軟属腫(みずいぼ)
みずいぼは、伝染性軟属腫ウイルスによる感染症です。人から人へうつり、お子さまに多い感染症です。みずいぼは、水っぽい光沢があり、いぼ状に出っ張っております。みずいぼは1個できれば、その周囲に感染し増えていきます。治療は、数が少ないうちに摘み取るのが最も確実で早く治す方法です。摘除に痛みがあるため、テープタイプの麻酔を2時間程度貼付してから摘除を行います。健康な子どもでは、6ヵ月~5年で自然治癒するとされていますが、個人差が大きくその患児がいつ治るかを予測することは困難です。特に、アトピー性皮膚炎の子どもは、いったん感染すると湿疹を掻くのと一緒に掻いてしまって、全身に無数に増えて広がりやすいのです。また、ステロイドを塗るとみずいぼが増加しますので、アトピー性皮膚炎の治療が適切にできなくなってしまうというデメリットもあります。兄弟や身近な友達が感染した場合、入浴やタオルを別にし、直接肌と肌を接触させないように注意しましょう。
スキンタッグ(中年イボ)
多くは首にできるイボで中年以降に徐々に出現してきます。液体窒素療法や剪刃(はさみ)で除去します。
脂漏性角化症(老人性のイボ)
加齢、紫外線による生じるイボです。別名老人性のイボです。液体窒素や切除や炭酸ガスレーザーで治療を行うか、なにも治療せずに様子をみるときがあります。

疾患一覧

当院で治療可能な病気を説明します。

PAGE TOP