富士市水戸島にある皮膚科、美容皮膚科

予約
instagram
医師紹介

しみ

皮膚のしみには、大きく分けて以下のような種類があります。

  1. 日焼けによるしみ:紫外線によってメラニン色素が生成され、肌が焼けることでできるしみです。
  2. 加齢によるしみ:年齢とともに肌の新陳代謝が低下し、メラニン色素が沈着してできるしみです。特に、顔や手の甲など、日光によって刺激を受ける部位にできやすいです。
  3. 肝斑(かんぱん):肝臓の機能低下やホルモンバランスの乱れなどが原因で、顔や手の甲、肩などにできる茶色いしみです。
  4. ほくろ:先天的な要因によってできるもので、色は茶色や黒色など様々です。
  5. 赤みを帯びたしみ:肌の炎症によってできるしみで、にきび跡や湿疹の跡などが該当します。

これらのしみは、種類によって原因や治療法が異なるため、皮膚科専門医の正確な診断を受けて適切な対処をすることが重要です。当院ではダーモスコープを用いこれらを正確に見極め最適な治療を提案します。

疾患一覧

当院で治療可能な病気を説明します。

PAGE TOP